はいみなさんこんにちわ、アルクレイドです。

もしも地球外生命体、いわゆるエイリアンが地球侵略に来たらどうしますか?

もしもロボットで対抗出来るなら対抗しますか?

自分は対抗します!

ただしロボットはどこの家にもでもある家電で作りますけどね。

ということで今回は家電で出来たロボットがエイリアンと戦うゲーム『Second Hand: Frankie’s Revenge』の紹介をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

家電を組み合わせてエイリアンに対抗するロボットを作るゲーム

今回紹介するゲーム『Second Hand: Frankie’s Revenge』では主人公は家電の身体を持ったロボット「Frankie」です。

どこの家庭にでもある冷蔵庫や洗濯機を身体に、頭にはディスコボールや潜水ヘルメットみたいなもの、エイリアンを撃退する腕にはチェーンソーや刀などで出来ているロボットです。

そんなまるで寄せ集めで出来たようなロボットが侵略に来たエイリアン達を撃退するために立ち向かっていくツインスティックアクションゲームになります。

組み換え可能なロボット「Frankie」

主人公でありロボット「Frankie」は家電などの道具で身体を構成しています。

なので身体の道具を組み替えることで様々な性能を発揮します。

テニスボールを打ち出すマシンを腕にすることで遠距離武器にすることも出来るし、ボクシンググローブやバットを装着して近づいてきたエイリアンを叩いて倒すことも出来るようになります。

トレイラー動画を見るとディスコボールの頭にアフロやサングラス、ヒゲを付けている場面もあったのでユニークな見た目にも出来るみたいです。

トップダウン視点の画面

ゲームではトップダウン視点、つまり上から見下ろすような形なので神様みたいな見方で「Frankie」を操りエイリアン達を撃退していきます。

迫りくるエイリアンを倒しつつ後から来るエイリアン達も上から見つけて次に備えることが出来ます。

このトップダウン視点のゲームだと全体の状況を把握出来るので見やすくはありますが、こういう視点のゲームでは敵が多く出現することも多いので囲まれないような立ち回りが必要になってきそう。

スポンサードリンク

みんなでエイリアンに立ち向かえるマルチプレイにも対応

今回のゲームではマルチプレイに対応しています。

ローカル、オンライン両方で対応しているみたいなので友達の家に集まってローカルで協力したり、それぞれの家でオンラインマルチすることも可能です。

一人ではエイリアンを侵攻を阻止出来ないときは仲間と共に戦えるといわけです。

マルチプレイ出来るゲームだと自分のイメージですが、ローカルのみオンラインのみ対応になっていることも結構あるので両方でマルチプレイ出来るのは嬉しいポイントですね。

ローカルなら一人がゲーム持っていればプレイ出来ますし、オンラインなら離れた友達とも出来ます。

最大4人までマルチプレイ出来るので、4人全員でテニスボール撃てるようにして弾幕張ると面白そう。

まとめ

今回のゲームは見た目がカッコイイというよりは面白い系のものになっていますが、身の回りにあるものがロボットになってエイリアンと戦うというのが面白いゲームですね。

こちらのゲームはsteamにて早期アクセスとして1640円で配信中です。

早期アクセスなのでこれから新しい要素も加えながらアップデートがされていくことでしょう。

正式リリースは2019年中を予定しているそうです。

日本語には未対応なのが残念ですが、これから対応するか日本語化MODが出る可能性もなくはないのでそこに期待したいところ。

今回のまとめとしては

  • 主人公は家電や身の回りにありそうな道具で出来たロボット
  • ゲームはトップダウン視点のツインスティックアクション。
  • ローカル、オンライン両方でマルチプレイで4人まで対応
  • steamにて早期アクセス配信中
  • 値段は1640円
  • 正式リリースは2019年中を予定
  • 日本語未対応

こんなところですかね。

それでは今回はここまで。

ここまで読んで頂いた方々、ありがとうございました。

スポンサードリンク