はいみなさんこんにちわ、アルクレイドです。

2019年6月7日に公開される『海獣の子供』。

五十嵐大介さんが「月刊IKKI」にて約5年間連載されたマンガが原作の作品を劇場アニメ化したものです。

連載していた「月刊IKKI」は今はもう発行されてないみたいですが、今回のようにアニメ化という形で人気作品を見れるといのは嬉しいものですね。

作者である五十嵐さんにとって初の長編作品だったそうです。

更に第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞にも選ばれる程凄い作品だそうですよ。

スポンサードリンク

出演する声優

演じる人によってキャラクターのイメージを大きく決める声優さんはおそらく気になるポイントかと思います。

なのでちょっと調べてみました。

  • 安海流花(あづみるか) → 芦田愛菜(あしだまな)
  • 海(うみ) → 石橋陽彩(いしばしひいろ)
  • 空(そら) → 浦上晟周(うらがみせいしゅう)
  • アングラード → 森崎ウィン(もりさきうぃん)
  • 安海正明(あづみまさあき) → 稲垣吾郎(いながきごろう)
  • 安海加奈子(あづみかなこ) → 蒼井優(あおいゆう)
  • 先生(せんせい) → 渡辺徹(わたなべとおる)
  • ジム → 田中泯(たなかみん)
  • デデ → 富司純子(ふじすみこ)

有名な俳優や女優も起用されていますね。

アニメーション制作には「鉄コン筋コンクリート」で有名なSTUDIO4℃、主題歌には米津玄師、音楽は久石譲とかなり力を入れてることが伝わります。

スポンサードリンク

まとめ

全体的にかなり力を入れて制作しているのが分かるくらい、キャストが豪華ですね。

これは公開後の評判がどうなるか気になります。

今回のまとめとしては

  • 『海獣の子供』2019年6月7日公開
  • 原作は「月刊IKKI」で連載していたマンガ
  • 原作者は五十嵐大介
  • 声優には有名な俳優や女優も起用
  • アニメーション制作はSTUDIO4℃
  • 主題歌は米津玄師
  • 音楽は久石譲

こんなところですかね。

それでは今回はここまで。

ここまで読んで頂いた方々、ありがとうございました。

スポンサードリンク